医療機関脱毛とエステの脱毛の違い

まずクリニックとエステでは脱毛に使用する機器が異なります。また、クリニックでは医師や看護師が施術を行います。

エステでは光脱毛という方法で脱毛します。光脱毛というのは、特殊な波長の光を瞬間照射することで光の有する熱エネルギーが毛根の黒い色素に吸収され、脱毛させる脱毛方法のことです。今までの脱毛法に比べて、痛みや肌負担が少ない脱毛方法として人気です。

医療レーザー脱毛もこの原理は同じで、毛の元の黒い色素に反応します。違いは、照射できる出力の違いです。エステでは照射できる出力に限度があります。お肌への負担は軽減されますが、毛の元を破壊する威力はないので再び毛が生えてきてしまいます。

医療レーザー脱毛は、医師や看護師にしか扱うことのできない強い出力のレーザーを照射することができるので脱毛効果が高まります。レーザーに反応することで永久脱毛が可能です。脱毛効果はバツグンですが、施術中にはチクチクと痛みを感じるでしょう。でも、痛みの感覚というのは個人による差異もあり、さほど気にならない人もいます。

どの場所で医療脱毛をするのかによっても痛みの強さは異なります。同様の医療脱毛でも使う機械や施術する人によって痛みの強さが多少違うので、病院やクリニック選びも大切です。痛みがかなり強いと通い続けることが難しくなってしまうので、痛みが少しでも少ないところを探すべきでしょう。

効果に違いがある分、料金にも差があります。料金は施設ごとで自由に決めることができるのでばらつきはありますが、やはり医療レーザーの方が割高になります。脱毛完了は、医療レーザーの方が早くできるので、回数は少なくて済みます。ご自身がどの程度の脱毛効果を求めているのかで選ぶことができます。

一般的にいって、医療脱毛を利用して一つの部位の脱毛を終えるには、1年から1年半はかかるそうです。1年以上かかるかもしれないと聞いて長すぎると感じた人もいるかもしれませんが、もっと時間がかかるのが脱毛サロンです。1回の脱毛によって出る効果はそれほど強くないので、医療脱毛並の仕上がりを期待するのならば、10回以上は通わないと無理です。

毛深い人ほど脱毛の結果が良くないと仕上がりが期待と違うので、医療機関での脱毛を受けられてはいかかですか。その上、医療機関で受けられる脱毛処理は施術は医師または看護師が担当するので、肌に何らかのトラブルが起きたり火傷をされてしまった時も相応な対応が受けられます。

今流行のハイジニーナ脱毛の医療脱毛とエステ脱毛の違いが詳しく書かれているのでこちらも参考に。
医療レーザー脱毛と光脱毛、どっちがハイジニーナ向き?

永久脱毛をした場合本当に永久に毛が再生しないのか疑問に感じている人も相当いるはずです。永久脱毛を受けた場合その後毛が生えてこないのかというと、絶対ではないく生えてくるケースも存在します。最も効果があるのはクリニックで受けられるニードルでの脱毛です。それ以外の脱毛法だったら毛が再生してくる可能性が高いと思ってください。

いざ永久脱毛をするぞと思っても、お肌に残るようなダメージについてなど気にかかることがありますよね。その心配していることをなくすためには、永久脱毛についてよくわかっているスタッフがたくさんいる店舗で、しっかりと相談することだと思います。心配しないで永久脱毛をするためにも、とことん色々情報収集をした方がいいでしょう。